上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャプ1
↑↑
ダンシング・チャップリン!!!

観たい!観たい!
と思っていたが中々行けず、「上映期間終わっちゃうんじゃね??」と焦りが出てきたので行ってきました。

”草刈民代”は”正雄”の娘

そんな勘違いしてたおででも楽しめる作品です。
皆様もゼヒご覧くださいませm(_ _)m

・・・。

冗談はさておき、
ローラン・プティ『コッペリア』を観たばかりのおでにとっては超タイムリーツーベースな作品でした。
プティ氏振付のカッコ良さ・面白さが極々堪能できます。

第一幕の「ドキュメンタリー」の場では、振付家として意見と監督としての意見の相違をリアルに垣間見れたり、作品を完成させるためのリハーサル風景が惜しげなく映し出されます。

で、5分間の「休憩」を挟んだ後、

第二幕の「作品本編」の場が始まります。
全幕は上映されないものの全13場で構成された”映像版”の『ダンシング・チャップリン』
どの演目も素敵でしたが、、、

正直!正直言うと・・ちょっと物足りなかった。

というか、観ているうちに「生で全幕が観たい!!」という衝動に駆り立てられてしまったのですね。。。

演目が素晴らしけりゃ、そりゃ拍手贈りたいですし。
でも銀座の21時の映画館で一人でそれ切り出すのもなんか違うし・・・。

まぁ、温度差とかあるよね。どーしても。
それを考慮してか、演出で歓声のSEの中で挨拶してるシーンとか入ってたけど、なんつーか、迫力っつーか。。。

時間がある方は観てください!!
で感想聞かせて(笑)

ひとつ言えることは『空中のバリエーション』最高でした!!!

ご堪能あれッ!!!


てんぱ~hico²
スポンサーサイト
Twitter ブログパーツ
Secret

TrackBackURL
→http://phantomime.blog129.fc2.com/tb.php/303-6524bd06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。